杉と漆喰の家

調和を図る白い家

付近の町並みとの調和を図るため、シンプルな大壁の漆喰塗りを採用。内部の仕上げは、1階の床板30mm厚の杉板、2階の床板15mm厚の杉板、壁には無添加漆喰塗り、天井クロス張り。

P5245394

さらなる耐震性を

通常の耐震性に加えて、タツミ製 耐震ブレースと岡部製 アコーディを設置して、地震に対してより粘り強い建物に仕上げています。

前の記事

シェアフラット岩倉

次の記事

河原町三条のお店