紫竹東高縄町の京町家

改修前は部屋のひとつひとつが狭く閉鎖的な印象を受けました。そこで2階の2部屋の天井を勾配天井とすることで空間を広く見せました。
浴室は桧の浴槽を使用し内装もタイルと杉板をメインで使用することで浴槽に合う雰囲気で仕上げました。