平野別邸

北には平野神社があり
敷地の東側は北野天満宮の広大な杜に隣接。
ここは、広い敷地をもつ邸宅が建ち並んだ
京都市内でも珍しい静寂な地域です。

広い敷地と庭、そして大正時代に建築された伝統家屋。「平野別邸」は“今までにない賃貸住宅を”という所有者の想いから、誕生しました。
活用として、軽井沢にある豪華ゲストハウスや、茶道・華道・香道など京の伝統継承施設。文化庁移転に伴う官舎、外交官や法人役員住宅等々。『おもてなし』をコンセプトに、パーティや催しなど、さまざまなプロデュースを可能とした住まいとなりました。

立派な座敷と縁側がある古い「母屋」と、登梁(のぼりばり)の工法を生かした新しい「はなれ」の”シンプル&モダン”を基本としています。
緑豊かなお庭と隣接する北野天満宮の杜という、自然との「一体感と開放感」に工夫をこらしました。

フラットエージェンシー京匠 部長 一級建築士
今井 毎好

【設計】小田裕美建築設計事務所(株)
【施工】フラットエージェンシー 京匠
【土地面積】642 ㎡(194 坪)
【建物延面積】183.79 ㎡
【新築住宅】木造2 階建【一階】57.76 ㎡ 【二階】25.28 ㎡ 【その他】ロフト
【既存住宅】木造平屋建【一階】101.36 ㎡