相国寺門前町の京町家

築後80年以上の長屋連棟をリノベーション。

相国寺や同志社大学、地域性では住居、商業、観光、文化的等に恵まれた地域の京町家をリノベーション。
本家屋は大正末期から昭和初期に伝統工法により建てられ、築後80年以上は経過していると思われます。

P9123278

内外部はかなり新建材等で補修・改修等されていますが、それらを撤去し構造部を建築当初の状態に復しつつ、現在の設備を活かした改修へ。
耐震性についても長屋連棟ですので単体での工事は困難ですが、基礎部足回りなどの修繕を徹底的に施すことで安全性を確保しました。

改装前